• 2010/08/10(火) 11:19:42


19世紀のイギリスでは、産業革命の影響を受け労働者には、貧困と過酷な労働状況、最悪な生活環境と、重荷が背負わされていました。社会的状況は、社会的課題へと発展していきました。その一つが、インフルエンザなど感染性疾病の大流行です。病気は、市民に広がり、社会の2005年に前後して、地方からなにも持たずに首都圏に仕事にやってくる人が安価に泊まれるところとして、ふたたびこうした宿が注目を浴びているようです。