日常 Blog

  • 2010/08/11(水) 10:13:45

健康は収入、住居、そして食べ物です。健康には、基礎を支える基盤が必要です。また、情報と生活、健康をつかむために、物品、設備、施設をもたらす支援環境、総合的に環境も大切です。これらは老朽化の時期を迎え、住民も高齢化しているため、バリアフリーや引越し時における負担の観点から大きな課題を抱えています。

  • 2010/08/10(火) 11:19:42


19世紀のイギリスでは、産業革命の影響を受け労働者には、貧困と過酷な労働状況、最悪な生活環境と、重荷が背負わされていました。社会的状況は、社会的課題へと発展していきました。その一つが、インフルエンザなど感染性疾病の大流行です。病気は、市民に広がり、社会の2005年に前後して、地方からなにも持たずに首都圏に仕事にやってくる人が安価に泊まれるところとして、ふたたびこうした宿が注目を浴びているようです。

  • 2010/08/09(月) 14:00:33

健康は収入、住居、そして食べ物です。健康には、基礎を支える基盤が必要です。また、情報と生活、健康をつかむために、物品、設備、施設をもたらす支援環境、総合的に環境も大切です。初期のアパートは、独立した住居へと発展させたものと考えられます。昭和20年代から30年代に多く建てられた玄関共有、内廊下、風呂なし、共同のトイレ、台所、洗濯場という形態である。古いタイプの共同住宅に関しては、下宿やアパート生活経験者も少なからずいると思います。

健康と住居

  • 2010/08/06(金) 13:27:41

健康は収入、住居、そして食べ物です。健康には、基礎を支える基盤が必要です。また、情報と生活、健康をつかむために、物品、設備、施設をもたらす支援環境、総合的に環境も大切です。民家には建設された当時の生活状況が反映されており、農業、商業などや伝統行事と結び付いた要素が多く見られます。また、民家には地域差があり、近年では、対象となる年代も広がり、明治・大正・昭和戦前期の建物まで、調査研究が行われることがあります。

blog

  • 2010/08/05(木) 15:52:00

健康は収入、住居、そして食べ物です。健康には、基礎を支える基盤が必要です。また、情報と生活、健康をつかむために、物品、設備、施設をもたらす支援環境、総合的に環境も大切です。日本では、2000年から2005年頃にかけて、バブル経済崩壊後の企業がリストラの一環として保有する土地を放出し、政府の景気対策もあいまって、東京都心部などではマンション建設に弾みがつき、都心居住を望む人々から割安感・買い得感に基づくマンション需要が急増し、都心回帰現象が生じたことがあります。